上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家賃滞納を理由に入居者が強制的に追い出されるケースが増えているのを受け、
弁護士や司法書士らで作る「全国追い出し屋対策会議」(大阪市)は12日、
無料電話相談「全国追い出し屋被害110番」(06・6361・0546)を実施する。
                   毎日新聞社のwebニュース-毎日JPより引用

何かおかしいですよね。
家賃を滞納して追い出されるって当たり前の事じゃないですか。

こちらの無料電話相談は弁護士さんや司法書士さんがつくる
「全国追い出し屋対策会議」が主催しておりますので違法な追い出しを受けた
人々を救済してくれるすばらしいものだと思います。

もちろん、お年寄りや病気などで働けない人は守らなくてはいけませんし
その他諸々の事情で家賃が払えなくなるケースもありますよね。

実情を知りたくてその無料電話相談に電話して聞いてみましたが「今の法律上
の違法行為への対応をする」旨のお返事をいただきました。

ただ、もちろん被害者の方の為の窓口なのでゆっくりとお話を出来ず、
早々に受話器を置くこととなりました。(お邪魔しました。)

さて、こんな場合は誰が被害者になるのでしょう。

AさんはBさんの持っているマンションに10ヶ月前に越してきました。しかし、

Aさんは勤める会社が倒産してしまいました。再就職をしようと頑張ってますが

なかなかいい仕事が見つかりません。

家賃を6ヶ月滞納している状況です。


Bさんはそのマンションのオーナーです。Aさんの住む1部屋を3年前に購入

しましたが、支払いはまだ22年残っています。

不況で、入居者がなかなか決まらなかったので家賃を安くしてAさんに入って

もらったので毎月の返済額の方が多く、マンション経営は赤字でしたが、

Bさん自身サラリーマンで毎月の給料から返済の不足分を充当していました。

しかし6ヶ月前から家賃自体入らなくなりました。

最初はすぐに払ってもらえるだろうとマンションのローンとは別に借金し補填して

ましたが、6ヶ月も家賃が入らずに新しい借金の残高は結構な額になってきました。

毎日借金のことで頭がいっぱいで、不安でたまりませんでした。

結局、8ヶ月滞納が続いた頃何とかAさんに出て行ってもらえました。

滞納分の家賃はまだ払ってもらっていません。


しかし、マンションの支払いがあるので入居者が必要です。

Bさん(オーナー)は知り合いのCさんに相談したら「入居前に滞納したらすぐ

退去してもらう、鍵は交換しますって契約時に取り決めてそれでも納得してもらった

人に入ってもらえば。」とアドバイスしてもらいました。

そして新しい入居者Dさんはその旨を了解し、契約書にサインし入居してくれました。


しかし、Dさんは入居半年で一回目の家賃滞納をしました。

連絡しても電話に出ません。留守番電話を残しておいても何の返事もありません。



Bさん(オーナー)はとても困りました。前入居者のAさんからの返済も無く

マンションのローンも新たな借金の返済もまだまだ終わっていません。

すぐにCさんに相談したらCさんは契約書に書いてある通り、鍵を交換してくれました。

これでDさん部屋に入れません。家賃はまだ入ってませんが少しだけほっとしました。


鍵を替えたその夜、Dさんから電話がありました。Dさんは烈火のごとくお怒りでした。

Cさんに相談したら、一緒について来てくれるとの事で2人でマンションまで

いきました。

Bさんの所有する部屋の前でDさんは待ってました。そして大声でBさんとCさんに

怒鳴りつけました。

「この悪徳大家と、追い出し屋が!俺にも居住権があるんだよ!」と、、、、、、


さて、誰が被害者でしょう。


不動産会社の営業時代にはいろいろなお客さんとお会いしましたが、

何かの事情で家賃の安いところに引っ越す人が少なからずおられました。

例えば15万の2LDKから10万の2DKに引っ越される方など。

広さが必要な方はもっと郊外に引っ越されているはずです。


一部屋オーナーから何棟もアパート、マンションを持っている大家さんなど
いろいろでしたが、家賃滞納に困っている大家さんはいっぱいいました。

代わりにこちらから滞納者に連絡をとってもなかなか返事はありませんでした。

もし入居者全員がその居住権とやらを主張を始めるとどうなるのでしょうか。



また、立て替えたほうが儲かるのに、入居者が次に住むところが無いので

築何十年の木造アパートを昔の家賃のままで貸している大家さんも結構いました。

そんなアパートには老夫婦や独居老人も多く、まさに地域福祉となっていました。

(実際古いアパートは維持費もかかり、耐震性、耐火性も低く大家さんはとても心配です。)

大家さんも大変です。


さて、あなたが失業してお金が無くなり、三日間食事をしていないとします。

ふらっと入ってしまった食堂で腹いっぱい食べてお金を払わないとどうなりますか。

食堂の人の温情がなければ逮捕されるでしょう。

 
その時は生存権を主張しますか。


あなたの家賃を食費にあてようとしていた大家さんが餓死しない事を祈っています。

へんな被害者意識はこころの毒ですよ。

いこい心理研究所                           -また書きます。

スポンサーサイト

 電車で携帯ダメですか?

いつでも電話が出来て便利なんですけど。

ダメですか。

今回は電磁波が人体に与える影響なんかは勝手にすっ飛ばしてますのですみません。

実際、私の住んでいる東京では電車内で通話している人は滅多に見かけません。

携帯電話は便利なものです。まさに外出してても携帯できますし、

電波が届けばどこでも話が出来ます。移動中に得意先からの電話も出られます。

でも公の場ではダメなんですよね。他人に迷惑をかけてはいけません。

 

ただ、電車内では携帯通話せずにメールやネットに没頭して

家庭に帰ると自分の部屋にこもって携帯を握りっぱなし、家族で食事中でも携帯が

鳴るを席を立って話に行く。こんな話を聞くとすごく歪に感じます。

まあ、家族で食事しているだけましかもしれませんが。

 

それならまだ、混んできたら携帯で通話せず、ガラガラなら人から離れて静かに通話する。

周囲の人はそれを許容する。 

家族等と食事中は電話に出ないか食事中だから後で、とすぐに電話を切って席を立たない。

こっちの方が健康的な気がしますがいかがでしょうか。

8月末に第45回衆議院議員総選挙がありました。

結果はご存知のとおり民主党が圧勝し、政権交代が起こりました。

今回は解散が決まってから投票日までの期間も長かったので連日、
各党の掲げる 政策を題目としたニュースや番組も多かったですね。

ただ、残念だったのはメディアでの各党の子育てに関する政策の採り上げ方でした。
テレビや新聞では民主党の子供手当てについての話が多く

●財源はどうするのか。
●年収■00万の子供のいない世帯では増税になるなどのケース。

この2つに偏りすぎていたという事です。

各党が一人の子供が生まれて成人になるまでの事をどう考えているのか

例えば子供は将来国を背負ってくれる宝物だから、その成長は国が出来る限り
面倒をみる。どの家庭に生まれても出来る限り公平に教育等を受ける機会を
つくる。とか。

各家庭の自己責任で子供は育てるもので国としてはそこまで関与しない,とか。

政策とその政策を掲げる各党の感覚(センス)、志、「〇〇党は子供をこう育てたい、こんな                          
子育て環境を創りたい。」みたいな議論をもっと聞きたかったものです。

おまけ

財源に関してですが、小泉改革と称して国の借金をとてつもなく膨らました政権側の人はまず        
自分が持っている個人資産全て国庫に納めてから予算の捻出方法を言及し対案を示すとか、  

民主党の人はこの政策(子供手当て)は絶対必要だから借金をしてでも実行すると               
言い切ってしまえばかっこ良かったのではないでしょうか

 

〇 あともう一点、メディアでの子供手当ての取り上げ方で残念だったのが他の政策や

社会の問題との関連性についての解説が無かった事です。

もし国が子供手当てを出して、教育を無料化すれば非正規社員夫婦にも出産の可能性が         
出てきます。

子育て世代の正社員の費用の負担が減りますので年収を減らせる可能性が出てきます。

それによって正社員の雇用や、同一労働同一賃金を達成する可能性が出てきます。

子供が増えれば、将来の納税者(年金を含めて)が増えます。 等々、、

上記の様な事が起こるのかどうか、同じ様に民主党以外の政党の案ではどうなるか想定して         
欲しかったものです。

子供手当ての政策は他の政策と複雑に絡み合っているはずなのに、ニュースや新聞では多元的、    
多面的にそして総合的にこの問題をとりあげた紙面、ニュース、番組が少なかったですね。

もちろんこの政策に限らず、一政策は他の政策に良くも悪くも波及するものではないでしょうか。  

また、今まで無かったもの(政策)を出しているのに、凝り固まった現状に思考停止して、未来に       
対する想像力を持てなくなっているみたいに見えました。

新聞、テレビ各メディアの方にもいろいろ事情があると思いますが公共性のあるお仕事ですので、      
みんなの為になるお仕事をして欲しいものです。

じゃないとテレビや新聞を誰も見なくなっちゃいますよ。

おまけ

私は以前不動産会社にいましたので大学生の親御さんとお話する機会がよくありました。

お話する中で地方から子供を大学に行かせる親の出費の大きさにはいつも感心してました。                      
大学生を2人東京の大学に行かせれば毎月の仕送りだけで20万、25万、とかいう話も                               
普通でした。 子育てする親は大変です。

支出が減らずに収入が減るのは耐えられません。

いずれにしましても安心して子育て出来る環境があって、すくすく子供が育っていければ                             
いいですね。                   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。