上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に話しかけてるのにその子の親がかわりに返事をする事ってありますよね。

まあよく有ることなんですけど、特に何事もなくその場は過ぎていくことが殆どかも知れません。

でも、気をつけて下さい。

親子の間に支配関係、依存関係が出来上がる可能性がどんどん高くなっていきますよ。  

〇その子はしっかり自立して巣立っていけなくなりますよ。                               
〇何の職業について良いのか分からなくなってしまいますよ。  

成長に合わせたちょうど良い親子の距離があります。

気をつけて下さい。

もしあなたが電車に乗っていたとします。

となりに座っていた小学生が誰かに話しかけられた時、あなたは代わりに返事をしますか。

しないですよね。

じゃあ、自分の子供が話しかけられたらどうですか。

一度よーく考えてみてください。

警察の職務質問ではありません。話しかけた人はその子にコミュニケーション
したかったのです。   

本人に話をさせてあげて下さい。     

 こころを開いてゆっくりと見守ってあげてください。

あなたがこころを開けば子供は心を開きます。

「この子は何にも決められない」と言っている親にかぎって何でも先回りして決めてしまって           
いるものです。

6歳の子も、80歳の老人も自分の人生を生きています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。