上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月22日に冬至を迎えました。

みなさんはゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたりしましたか。

太陽がかえってきます。

嬉しいですね。

おそらく、(勝手にそう思っていますが)ゆずもかぼちゃも太陽でしょう。

クリスマスも太陽がかえってくるお祝いではないでしょうか。

平成21年ももうすぐ終わります。

来年は本能に深く刻まれている、太陽にあわせた生活を始めませんか。

早起きして太陽の光を浴びて、暗くなったら家にかえる生活を。

ここ数十年間に急激に変化してしまった生活を少しずつもとに戻していきましょう。

いこい心理研究所

画像 005 画像 003

(半蔵門付近から見る御来光です。)

寒くなってきましたね。

いこい心理研究所では月に何回か朝の皇居散歩を開催しております。

上の写真は今日12月7日の日の出の風景です。

今朝は快晴でした。透き通った空に太陽が昇ってくるのがとても美しく最高に気持ちのいい朝でした。

12月は一年でも一番日の短い月ですね。

冬至の日を越すと太陽がかえってきます。

日一日と明るい時間が長くなってくるのがうれしくないですか。

皇居の周りは鳥が多く、この寒い空気の中朝から元気に鳥たちが飛び回っています。

白鳥、鴉、鳩、雀、鴨、その他いろんな鳥が見れますよ。

 

是非一度朝の散歩にご参加下さい。

朝の冷えた空気も結構気持ちいいものです。

画像 012 画像 015 

 (二重橋)                           (皇居外苑の黒松)          

散歩の時にご相談のある方は先にメールでご連絡くださいね。

いこい心理研究所

          

あたらしい成人式-成人への通過儀礼としてのかち歩き

先日参加したかち歩きからはや一週間がすぎ、やっと足のまめも皮がはりました。

ちなみに今回参加した第81回かち歩き大会とは、社団法人 青少年交友協会が主催の

新宿~青梅間、43キロをひたすら歩くものでした。ルールは制限時間10時間以内に

完歩すること。その間は飲まず食わず走らず(今回の81回大会からは飲まずは緩和

されています。)という極めて分かりやすいものでした。

 

さて、このかち歩きですが次回82回目の開催がすでに決まっているそうです。

来年の3月に予定されております。

 

3月ですと学年で区切ると大多数の方が20歳を迎えていますね。

そこで提案なのですが、新成人の方の成人式、成人への通過儀礼としてこの

かち歩きに参加してみるというのはいかがでしょうか。

 

昨今、荒れる成人式などと従来型の成人式のあり方が問われており、毎年新聞や

テレビを賑わしています。

 

もちろんすばらしい成人式もあるでしょうし、新成人の心にのこる成人式もあるでしょう。

成人式で同級生と会えたりして楽しい一日、懐かしい日を思い出す一日を過ごされている

方も多いかと思います。

 

それに追加でもいいので、通過儀礼としてかち歩きに参加してみるのはいかがでしょうか。

大人としての一歩を踏み出すにあたり、なかなかいい催しかと思います。

ゆっくり歩きながら自分と向き合ってみるのもいいかなと思います。

 

成人を迎えた方、是非参加してみてください。

 

いこい心理研究所

 

 

画像 041  

かち歩き、歩いてきました。

4人で参加の予定でしたが一人風邪で参加を断念し、3名での参加となりました。

当日11月8日はまずまず天候にも恵まれ、雨に降られることも無く青梅街道、

新青梅街道をひたすら歩いてなんとかゴールの青梅市総合体育館(JR青梅線の

河辺駅の近く)まで完歩することができました。

 

朝、集合場所の新宿西口中央公園まで行ってみるとすでにたくさんの人が集まって

いました。

スタート前の体操、そして大会を主催者側からの挨拶等があり気分も一気に盛り

上がってきました。

スタート前  新宿

8時30分少し曇った新宿をスタートしました。

10キロまでは500人単位で列をつくっての歩きとなりました。

普段、自転車やバイクで通ったことのある道のりも歩いてみると景色が違います。

主催者側のご配慮で車道を歩くことができたので気持ちよく歩くことができました。

普段散歩をしているのでまだまだ余裕をもって、景色を見ながら歩いていました。

環七、環八を超えていよいよ列がばらけて各自のペースで歩くようになり、

結構後方から抜いていく人も多くびっくりしました。50代、60代の人がかなりいて

途中いろんな人と話す機会がもてたのですが、みんな達者でした。

20年以上、かち歩きに参加している人なんかもいて、そんな人は歩き方がさまになって

いて、ペースを一定に保ってもくもくと歩かれていました。

 

そして、やっと23.5キロの東村山コースのゴールに辿りつきました。

23.5キロ ゴール 

ここまでは、ここまでは余裕でした。

一休みして残りの20キロに再度出発です。

この先がだんだんと、だんだんと辛くなって来ました。

足の中は確実にまめが成長しているようでしたが、一度靴を脱いだらもう一度はく

元気がなくなるといけないので靴は完歩するまで脱がないと決めました。

やっと31キロの第2チェックポイントです。2つ目のスタンプをもらって

未知の領域をさらに歩き続けます。

 

第2チェックポイント 

この先が大変でした。ひざやまめが痛かっただけだったのが、とうとう太ももが

悲鳴を上げ始めました。

 

ちなみにこのかち歩きのルールは飲まず、食わず、走らずという極めてシンプルな

ものです。

今日に備えて、昨日からしっかりごはんを食べ、スタート前には弁当と水分を

いただき「コレで万全!」と思っていました。

しかし、太ももがどんどん痛くなってくるとは、、、、

こうなってしまうと一歩一歩歩くのが大変な作業になってきました。

 

やっとの思いで38キロ!

あと5キロと思うとなんだか元気が出てきました。

辺りは夜の帳がしっかりとおりてしまってましたがもう大丈夫です。

太ももはもう自分の体の一部分とは感じられませんでしたがなんだか自動操縦の

飛行機のように距離を刻んでいくことが出来ました。

 

40キロをすぎるとゴールの青梅総合体育館に向かって街道から左折です。

要所、要所には日本体育大学や都立大の学生さんが誘導人員としてたっててくれて

応援してくれていました。

 

新宿を出て8時間51分!(ちなみに一番の人は5時間27分だったはず)やっとゴールです。

朝の8時半、新宿を出たのが昨日の事のように感じるくらい長い道のりでした。

ゴール2 

いやー東京は長かった、一日歩いてもまだ東京都です。

ゴールして完歩証明書をいただきました!

充実感が体中に駆け巡りすごくいい気持ちでした。

しかし、体はもう痛くて動けませんでした。

 

ゴールして、用意していただいていたパンと飲み物をいただきました。暖かい砂糖入りの

お茶が何よりもおいしかった!何杯もおかわりしました。8時間50分ぶりにとる水分です。

よほど体が水分を欲していたみたいで、おなかがすいていた以上にどんどん水分が

体に吸収されていきました。

 

43キロを完歩しての感想はというと、

25キロくらいまでなら余裕で歩けるということ、

30キロをすぎると1キロ、1キロがとても辛~いという事でした。

なにより43キロ歩けて良かったです。自信がつきました。

 

しかし私よりもっと年輩の方がしっかりとした足取りでがんがん歩いて行く姿に

脱帽です。

親子で参加の小学生も完歩してました。すごいです。

 

今度は来年の3月に同じコースでかち歩きがあるみたいです。

皆様のご参加おまちしております!!221

いこい心理研究所 

家族で朝食を食べていますか。

いつもより早起きして朝ゆっくりみんなで朝食を食べることが子どもの心の成長に

とても大切です。


                                                                    今その機会が無い家庭ならまず週一回からでもはじめませんか。

仕事で帰宅が深夜になる方も早起きしてゆっくり家族で朝食をとりませんか。

 

大人も子供も、日が暮れれば家族みんなが家に帰る環境が大切です。

せっかくいい家(物)を手に入れても誰もいないともったいないですよ。

人が居ついてこそ、いい家ではないでしょうか。

 

「子どもは夜更かしして朝食を食べずに出て行く。」とひとごとの様に言っても、

その環境は親がつくっています。

 

食べ物をたべる事は生きのびる幸せのはずですが今は分かりにくいですよね。

みんなで食事する事は幸せを分かちあう事です。

いこい心理研究所

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。